2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海釣り

うちの長男は前から海釣りをやりたがってたんだけど、私は魚くさくなるのがいや、夫は手が汚れるのがいや(ごく一部手だけ潔癖症)なので、なかなか機会がなく、しかたなく、「エキサイトフィッシュング」でシュミレーションしてた日々でした。

うちのジジ(私の父)はまさに釣りバカ。ふだん、瀬戸内海でチヌ釣りにはげみまくり、私も高校生ごろには島に渡って一緒に釣りを楽しんだりしてました。
このジジも、沖縄でも釣りをしたそうにあちこちで魚釣りをしてる人を見つけては寄って行ったりしてたけど、ポイントもわからないし、道具もないからできないと言って今までは挑戦したことはありませんでした。
でも、せっかくなので、この夏休みにジジと長男と一緒に「本部釣りイカダ」http://www2.tontonme.ne.jp/users/ikada/に挑戦してみました。
20060905101314.jpg

本部の渡久地港から船で10分弱ほどのところにある浮島まで渡し舟で行くけど、送迎は随時してくれるので、子連れにはありがたいです。渡し舟は波が高い日は波をかぶってちょっと濡れる可能性あり。
浮島には飲み物、食べ物、お弁当などはないから、近くのサンエー、マックスバリューなどで買い込んで行くべき。(ついでにサンエーの超きれいな全ウォシュレット付のトイレで○○もすませるとベター)
小さい子はライジャケも借りたほうが安心かもです。

浮島の部分は、しっかり固定されているので、あまり揺れもなく、酔いやすいジジ、私、子どもらみんな大丈夫でした。
屋根もあるし、テーブル、イス、トイレは洋式。水の出る水道もあり。
20060905101339.jpg

浮島からイカダになった部分がつながっていて、こっちは屋根もなく、波の影響もあり。みんな好きなところに陣取って魚を釣ってます。
20060905101400.jpg

手ぶらパックでは、釣竿、バケツ、網、ふきんなどを貸してもらって、餌もなくなったらまた追加でもらえ、まさに手ぶらでOK。
やり方も船長さんが教えてくれます。
ただ、釣竿がリールがこわれてたり、さびてたりして、その都度変えてもらったりしたんだけど、ジジは釣竿が不満だったみたい。
その後1980円ほどの安い釣竿をシーランドで購入し、釣竿を持って行って渡しだけお願いしたほうが値段も安上がりで、はずれもないから、次は絶対にそうする!と言ってました。
20060905101819.jpg

この日はじーちゃん、大きいの2匹、長男オヤビッチャ1匹でした。
ものすご~~くたくさん釣ってる人もいました。養殖の生簀みたいな感じではないので、必ず釣れるとは限らないです。
かいは、ちょっと釣りしてたけど、朝から夕方までいたので、途中で飽きて、真下にいる熱帯魚に餌をまいてみたり、いっぱい釣ってるおじさんのところに張り付いて見てたり、昼寝したり・・・まだちょっと長い時間は難しいかなって感じです。
20060905101834.jpg


これで釣りにはまった長男は、naruさんち(なきじん海辺の自然学校http://satochan.blog50.fc2.com/index.php?q=%A4%CA%A4%AD%A4%B8%A4%F3%A4%CE%BD%C9)でも魚釣り。満潮時なら宿の前か、歩いてすぐのところで魚釣りができます。餌付で釣竿のレンタル500円。20060905101245.jpg

子どもはコバンアジとかアバサー釣ってたけど、釣りバカジジはさすがで、あっという間にチヌを数匹釣ったりしてました。

その後、なぜか釣りに目覚めたお父さんと長男は一緒に夏休み中に那覇でも2度防波堤釣りにも挑戦。
ダンナはやっぱり手が汚れるのがいやで、初めは子どもに餌をつけてもらって、釣れたらそれも息子にとってもらうという超殿様釣りをしてたらしいけど、やっと餌だけは自分でつけるようになったらしい。
長男は、釣った魚を自分でさばいて、ちゃんとうろこやぜいごも取って調理もできるようになりました。
防波堤では、小さいフエダイが釣れたりして楽しんでました。
060805_1724~01.jpg


夏休みはいっぱい釣りを楽しんだけど、もう少ししたらキス釣りシーズンもくるみたいだし、シュノーケルなどの海遊びが終わったあとも秋以降の楽しみもまた増えたみたいです。
ああ、これからのシーズンも休みは遊ぶ予定がいっぱい過ぎて忙しいわ。


FC2 Blog Ranking

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

サンゴを守るには・・・

本土のお盆にあわせて友達一家が遊びに来ていて、またもや遊びまくりの日々を過ごしておりました。

このお友達一家と一緒にシュノーケルなど楽しんだのですが、とてもショッキングな光景を目にしてしまいました。

一緒にシュノーケルに行ったポイントは、サンゴも元気で魚も多く、子連れでも楽しめる、本島ではもう数少ないところなのですが、今年はやけに人が多く、そしてここでサンゴ踏みまくって網を持って魚を捕まえている家族連れがいました。
網を持った一家はそれまでにも他のところでも見たことがあったけど、とにかくこの一家か一族か・・・すごかったのです。
bise3.gif

サンゴの上に立って、餌をまいて、よってきた魚をシュノーケルつけて見ながら網を持って追い掛け回すのですが、サンゴ踏みまくりの悲惨な状況で、おまけに長時間。そんなに追いかけてどうするのっていうくらいみんなで魚を追いかけてたのです。
あまりにも見かねて、たまたまお客さんをツアーで連れてきた自然ガイドの知人も私もサンゴを踏んでいることを注意しましたが、まったく受け入れず、やめる気配もなし。
見ていると悲しい気持ちになってきてしまいました。
そして、この一家が、どうやら本土出身の沖縄に住んでいる一家っていうのが、同じ立場としてますますやりきれない気持ちに・・・。

サンゴをサンゴとわからずに岩だと思って踏んでしまうとか、その上で休憩してしまうとか、私も昔初めてサンゴの海に入ったときは知らずにしてしまっていたし、知らないのなら仕方ない部分もあると思うのですが、注意したら聞いてくれたらいいのだけど、この日私と子どもは合計4組に注意しましたが、本当に注意を聞いてくれたのは1組だけ。
bise.jpg


注意すると「あー、わかってますよ!」って言いながら無視してそのままずんずんサンゴを踏んで進んでいった家族連れとか、
A「なんか注意されちゃったよ」
A連れ「ほっとけばいいよ」
とか言われたり・・・。正直、注意しても聞いてくれないなら、どうしていいかわからず、とっても疲れちゃいます。

私も子連れの普通の主婦だし、遊びに行ってるのに、注意することで逆切れされて怖い思いやいやな思いもしたくないし、注意することはとってもとっても神経をつかうし、いやなのですが、でも見て見ぬふりもできず、毎回ドキドキしながら見かねて注意するのですが、こういう態度をとられると・・・ほんとにどうしたらいいんでしょうね。
このままだと、きっとここのサンゴもすぐダメになっちゃうんじゃないかととっても心配です。

サンゴがダメになったら、魚も減っちゃうし、それに再生するまでとっても時間がかかるのに。
そうでなくても、去年も今年もまだ1度も台風の直撃がなく、海水温があがってるし、オニヒトデは大量発生しているし、サンゴには過酷な状況なので、ほんとに昔のサンゴの大規模白化の後のようになったらどうするの~~??とやきもきしてます。

地道に、サンゴを踏まないように広報すること以外になんとかいい方向がないかな・・・。
シュノーケラーの私らとしては、いいポイントは私らも知りたい分、同じような情報を求めているシュノーケラー仲間に「あそこはこうだよ!」と教えたいのに、今の状況では、いいポイントは知られると荒らされるのでこっそりしか教えられなくなってしまいました。
それに、カクレクマノミなどの乱獲もあるので、子供でも気軽に見られるような浅いところにいるポイントは内緒って感じになっちゃってます。

ついでにこのとき私と夫と長男で、結構たくさんのゴミも海中から拾って集めました。
ほんと、みんな、もっと海を大事にしようよ~!!!!

人工ビーチじゃない、サンゴの海の中で立っちゃダメ!
何もないと思っても小さいサンゴの根が下にあることもあるから、よくよく気をつけて楽しみましょうね!!
しんどくなったら、フィンなどでサンゴを傷つけないように、下が何もないところに移動したり、足を上げたりして、ライジャケでプカプカして休みましょう。
bise2.jpg

なきじんの夏休み

夏休みに入ってすぐ両親と6日間今帰仁へ行ってました。

泊まりはいつもの「なきじん海辺の自然学校」http://www.umibe-nature.com/で、ゆっくり楽しんできました。
夏の繁忙期なので、ヘルパーやバイトの子が増えてたけど、どの人もすごく感じがよくて、一緒にいったジジババは感激してました。
もう一つ変わったことは、夜の懇親会が8時半~10時過ぎになってたことかな?参加は無料に戻ってました。

東村や古宇利に観光も行ったけど、基本的にはのんびりで、宿の前の海でカヤックしたり
20060729022724.jpg

シュノーケルしたり(沖の方、いいポイントあり)
20060729022750.jpg

あとはじーちゃんと長男は釣りを一生懸命やって、チヌ、カレイ、アバサーとか釣ってました。

他のビーチにシュノーケルも行き、じーちゃんもシュノーケルデビュー。元々海が近いので、昔取った杵柄ですいすい泳いでました。
20060729022920.jpg

20060729022948.jpg

20060729023026.jpg


今帰仁では、思いがけず、このブログを見てくださってる人に2組もお会いして、なんだかとっても恥ずかしかったです。

そして、翌日は北谷~読谷で一日中遊び、明日から急に決めた渡嘉敷に行ってきます。(日曜夜まで)
すでに遊びすぎ状態。まだまだ夏休みはたっぷりあるけど、子どもらは宿題とか大丈夫か~~~??

海水浴日和☆

今日は久しぶりに暑くていいお天気!これはもう海水浴に行くしかないでしょう!

こどもの宿題の調べ物もあったので、南部に行くことに決定~♪
仕事の夫を残し、私と子どもの3人で昼食後出発。
せみが鳴いてたりして、あ~、夏だわ~。
20060513230803.jpg


今日行ったのは久々の志喜屋海岸。
立派な駐車場ができていて、お金徴収されました(>_<)かわりに設備がよくなっていたり、トイレもきれいになっていて、それならこれくらいの金額はいいかなっ!これからまだまだいろいろ変わるっぽい。
20060513230825.jpg


海を見たら子ども達はさっさと水の中へ。
寒がりの私は水が冷たいかとびびりながら入ったけど、ここは浅くて流れもないので、海水もあったかかったです。
20060513231917.jpg

暑い日が続いていたから、ほんとに水が気持ちよかった~。学校のプールももう始まります。
20060513230853.jpg

たっぷり遊んで、満足満足。
最初から最後までほぼ貸切状態でした。
20060513231519.jpg

私は木陰で海と子ども達を見ながらぼーっとして、すっごく気持ちよかったです。とっても幸せな時間~☆
20060513230737.jpg


また明日からは雨っぽく、やっと入梅宣言もされるかも。
実感としては4月末から梅雨だろう!って思うんですけど。
今日ギターにカビが生えてるのをみた夫は大ショックを受けてましたが、湿気がすごくて家中カビカビです。

もう少ししたら本格的なシュノーケルシーズンです。
今回は単なる海水浴で終わったけど、次はガンガンシュノーケル行くぞ!



☆志喜屋海岸
   人工ビーチで、海水浴場ではない。
   遊泳はOKだけど、自己責任で。特にハブクラゲ要注意。
場所:南城市知念 志喜屋漁港近く。
   知念方面から来ると看板あり。
駐車場:500円
入場料:なし
シャワー:水200円
トイレ:洋式あり、きれい。
その他:てぶらキャンプもOK。テント持ち込み有料。
   BBQは木炭禁止

モズク採りに

今日はまたすごい雨ですが・・・昨日はほんとに久々に週末に晴れたので、お隣さんに誘われて、家族で初☆モズク採りに行ってきました。

場所はみーばるビーチのマリンセンターがあるところのさらに奥の何もないビーチ。
昨日は潮がいいということで、私らが昼ごろ行くと、もうモズク採りの人でいっぱい。
20060501000052.jpg


海を見たら、いてもたってもいられず、しんと私はさっそくモズク採り。思ったより水も冷たくなく、ひいているので、かなり沖まで歩きます。
かなり浅いところでいっぱい採れます。
20060501000114.jpg


海にこんな感じではえているので、取って洗って袋に入れていきました。似た感じのもあるけど、ぬるっとするかどうかですぐわかる。
20060501000134.jpg


思わず私もしんもその場で試食。塩味でプリプリでおいし~っ。
しんも「海の恵みって感じだね!」と2人でいっぱい採りました。
20060501000158.jpg


モズク採りをしてビーチパーティーもしました。お隣さんの身内や会社の人もみんな一緒。ヤギ刺しもあったりして、豪華でした。
(前夜に続いてまたヤギをたくさん食べた私・・・)
20060501000222.jpg


モズク採りは、5月半ばごろまでだそうです。
干潮の時間より2時間くらい前に行くのが狙い目かな~。満ちだすとあっという間に満ちるし、特にみーばるマリンセンター前の方側は、まいて満ちてくるので、ほんとに危険だそうです。
持って行くものは、マリンシューズ、帽子、タオル(首の後ろが焼けるので首に巻くほうがいい)、バケツかザルなどモズクを入れるもの、ビニール袋・・・などでしょうか。

1週間くらいで食べるのならそのまま持って帰って、食べるときに洗って食べればOK。
保管するなら、海水で洗って、いったん網に入れて一晩つるしてちょっと乾かし、その後塩漬けにして保存すると1年くらい持つそうです。
でも、塩漬けにするとモズクが細くなるから、プリプリ感はなくなってくるみたい。

来年も張り切って行くぞ~。

«  | HOME |  »

プロフィール

さとちゃん

Author:さとちゃん
沖縄でに住んで8年目、沖縄大好き☆海大好き☆なお気楽主婦。
夫と息子たち(しん・かい)の4人家族で、毎日楽しく暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。