2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリークリスマス☆

メリークリスマス~☆
皆さんはどんなクリスマスでしたか?

うちでは、イブの夜、家族でささやかなクリスマスパーティーをして、子どもらにもサンタさんが無事やってきました。
沖縄では、ほぼ間違いなく25日も学校があるので、朝から「プレゼントは大事だけど、学校遅れる~!帰ってから遊んで~!」と注意しまくり。友達の子どもは朝プレゼントで遊ぶために25日は4~5時くらいには起きるとか。

昨日の家族での写真は一枚もないのですが・・・先週のOIWCのクリスマスパーティーの写真です。基地内のメンバーのおうちに行ったけど、毎回クリスマスの飾り付けがすごい!
CA280408.jpg

ツリーのオーナメントには、約20年前にお子さんが幼稚園で作ったというものも飾ってあって、ティッシュで作っているのに、こうやってきれいなままで飾れるなんてすごい~と思いました。よく見るとものすごくいろんなオーナメントが飾ってあるんだけど、それが全体としてはまとまってるのでした。
CA280406.jpg

ポトラックもおいしく、小物もクリスマス一色で、残りはお土産までもらって楽しく過ごしてきました!
071217_1036~0001


かいはサンタさんに野球のアップシューズを依頼。
でも、ほしい色を書き忘れて、「サンタがお父さんならいいのに。お父さんなら一緒に行った時にこれがほしいって教えたからほしい色がわかるんだけどなあ。サンタさん、ぼくがほしい色わかるかな?」と気にしてたけど、プレゼントをあけてみると・・・が~~ん、これじゃない・・・。朝からショックで涙。
「来年からはサンタさんがよくわかるようにちゃんと書こうね!」と話したけど、「お父さんやお母さんがサンタなんじゃない?」とちょっと思ってたみたいで、これでケガの功名?サンタ=お父さん疑惑は晴れたようです(^_^;)

昨日夜、私から家族へのクリスマスプレゼントを配ろうと「じゃじゃーん、クリスマスプレゼントです!」って私がプレゼントを手にしたら、しんが「え?まさかお母さんがサンタ???」と叫んだけど、まあこちらも・・・中学生ですが・・・疑いつつって感じですが、まだまだね。

という私は、知ってる人もいるでしょうが、実は26歳までサンタがどこかにいるんじゃないかと思ってました。
といっても、プレゼントがその年まで来てたわけではありません!だって18歳から実家を出てたし、一人暮らししてたし。
私が小2のときにみんなにサンタなんかいないと言われ、小3のころ、母がプレゼントを隠しているのを見つけたし、私のところにはサンタが来なくなっちゃったけど・・・それは、私がサンタの存在を疑ったせいでサンタが来なくなったんじゃないかと思ったのです。だから、純粋な子どものところには来るんじゃないかと。

ああ、それなのに!!!!!
26歳のクリスマス。
それは私が子どもを産んで初めてのクリスマス。
25日の朝、目を覚まして、ワクワクドキドキしながら枕元を見ると・・・プレゼントがない!!!
慌ててダンナを起こし、
「ねー、しんちゃん(当時4ヶ月)ってまだ疑うことを知らない純粋な子なのに、プレゼントが来てない!やっぱりサンタってホントはいないのかな?」
と聞いて、ダンナに
「は?何言ってんの?鍵もかけてるのに枕元になんかあったら怖いわ。」
といわれましたが・・・いや、それはそうなんだけどね、サンタはそういうのを超越してるんだよ~~。
あのとき、やっとサンタはいないのかも、(でも「かも」)・・・と思ったのでした。

そんな私の子どもらだから、子どもらもいつまでサンタを信じるかな?
ダンナは、中学生のしんが学校で「サンタが~」って言って、ばかにされないか??と気にしてたけど、う~~~む、微妙な年頃になってきたので、そろそろこちらはわかってもいいかな?
スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

コメント

Iowaです。夏の珊瑚問題以来、久々に書き込ませていただきます。
26歳になるまで心の片隅でサンタクロースを信じていたとはすばらしいことです。
私はサンタクロースを信じていませんでした。というより、思い返せば最初から両親が騙して(信じさせて)いなかったんだと思います。教会の経営する幼稚園に通っていたのですが。
家の娘は小5(11歳)ですが、きっと信じています(と思いたい)。
家内が同級生前後の親御さんとお茶したりすると、この時期はサンタをまだ子供が信じているかが結構話題になるらしいです。小6の男の子が友達にサンタはいない、あれはお父さんかお母さんと言われ、そんなことはないと反論していたとか。サンタさんからの手紙をそれらしく英語で書いている英語教師のお父さんとか。いや騙された振りをしているだけとか。
しかし、子供が信じているのも、子供が信じた振りをしているのも、その信じた振りを親が信じているのも、みんな純粋で心優しい関係なんだと思います。教科書にも載っていた100年前の昔のニューヨークサンの有名な社説「サンタクロースはいるのでしょうか」を思い出します。
でも今年は娘に言い渡しました。サンタさんが来てくれるのは小学校の間だけなんだよと。

メリークリスマス

うちも、、疑いはあるものの根本的には信じてるみたいな感じがあって色々な疑惑を海人に問いかけて来るんですが、それをことごとく裏打ちさせてまだ信じる方向に持っていってる所です(^^;)。欲しい物を直前に変更しないか・・それだけが一番気がかりでしてんけど今年はセーフでした。
しかし・・26歳まで信じていたというさとちゃんも凄い。。
よほど親御さんが完璧に演じきってたんでしょうねー。。そういう海人も、、実は一度サンタを見たんです。。勘違いとかじゃ無くてマジで・・あれは何だったのか今だに謎なんですけどねぇ。。

>Iowaさん
書き込みありがとうございます!
そうそう、サンタさんからの手紙とかも苦労しますね。
きっと娘さんも信じてますよ。
「ほんとかな?」と思いつつ、でもどこかにいるかもと思ってね。
去年は長男もブログを見てたから、サンタネタは書けなかったけど、今は全く興味ないようで思い切って書いちゃいました。もう中学生だし、わかってもいいかなとも思って。(次男にはもう少し夢を見させてあげたいけど)

サンタさんが来てくれるのは小学生の間だけ。
うちもそういうことにすればよかった~!!

>海人さん
いや・・・↑にも書いたように、小3のときに親が無防備にタンスの上においてあったプレゼントを見つけたし、私のところに本物のサンタは来なくなったので、親は全然演じてなかったと思います。その分、妹にはサンタがいるって信じさせたくて、妹の友達や近所の子に口止めしたり、いかにもそれらしく小細工してましたね~。

私は相当夢見る少女時代だったので、ついでに妖精もいるんじゃないかと大人になるまでかなり真剣に信じてました。花の中にいるんじゃないかと探したり、夜こっそり妖精が来るかもしれないと思って、トイレに起きたときにそーっと探してみたり。
小6のときの文集に「生まれかわったら妖精になりたい」と書いたとぼけたヤツです。

でも、海人さんがサンタを見たのなら、やっぱりホントはどこかにいるのかもよ!!

おきなわっぽい

シーサーサンタかわいいv-238

私もサンタやってます
子供が大きくなったので、もう卒業したはずなんですけど
孫が同居しているようなものなのでサンタ業復活です

>きみちん
このシーサー、ちょっと変わったおなかの大きなシーサーなの。
怖い顔にサンタの帽子が似合ってて、かわいかったです。

>きゅうさん
お孫さんと一緒なんですね。
うちのジジババは孫・命!なので、サンタやりたがるはず(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://satochan.blog50.fc2.com/tb.php/246-32d57e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

さとちゃん

Author:さとちゃん
沖縄でに住んで8年目、沖縄大好き☆海大好き☆なお気楽主婦。
夫と息子たち(しん・かい)の4人家族で、毎日楽しく暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。