2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾旅行2日目続き

2日目続き

昼ご飯を食べた後は、「児童探索博物館」へ。
http://www.cmot.com.tw/
市政府駅近くの、本中心のデパートみたいな中の5階にあります。
入場料は子どものほうが高くて300元(810円)、大人(11歳以上)200元(540円)。週末は時間制限があるみたいなので、平日のほうがお得!

中では、自分達でいろんなお仕事を体験できるコーナーがいろいろあり、小学校低学年くらいまでは楽しめそう。
幼稚園くらいの女の子達は、お店屋さんごっこや喫茶店とかで一生懸命遊んでました。
うちの子らもいろいろ挑戦・・・歯医者さん(小さいサイズの白衣もあり)
20070506161439.jpg

工事現場の人。ゴーグルやヘッドフォンとか小道具も準備されてます。
20070506161500.jpg

ニュースキャスター。ほんとに画面に映るので、子どもら大喜び。
20070506161517.jpg

劇場では、いくつかの衣装が用意されてて、女の子用もいろいろあり。
でもサイズ小さい。
20070506161534.jpg

20070506161554.jpg

その他、いろんな国の民族衣装を着るコーナー(日本ってところは羽織袴の七五三衣装)とか、バイクや車に乗った気分になれるコーナーもあり。
20070506161611.jpg

そして、子どもらがはまったのが、自分達でいろいろ遊んでみる知育コーナー。ワンダーミュージアムっぽいかな~。
巨大シャボン玉ができるコーナーでは大人も思わず夢中。
20070506161719.jpg

その他、ボールで遊んだりするコーナーなどいろいろあり、子どもらはまっちゃって、全然動かず。
20070506161749.jpg

20070506161814.jpg

20070506161829.jpg

20070506161850.jpg

ここで4時間以上遊んでたかな~。全く遊びが終わらないので、私とダンナは途中で2~4階が本屋になってるので、買い物へ。ほんとは保護者がついて遊ばないといけないんだけど、子どもらもこの年齢なので大丈夫でした。てゆーか長男はもう大人と同等だし。
本コーナーは大阪のジュンク堂みたいな感じで、どのフロアもいろんなジャンルの本がめちゃくちゃいっぱい。雑誌を見てみたり、日本語を勉強しようコーナーみたいなところで、日本語検定の問題集を見てみたり、参考書を見ると「え~!こんなの言わないよね」っていうのもあったりして、おもしろかったです。
イスも準備されてたりして、立ち読みじゃなくて、座り読みしてる人もたくさん。日本の本屋もこうならいいのに。

今回は、私とダンナ用に小説を4冊持って行ってたけど、思いのほか早く読み終わりそうだったので、ここの中にある日本の本コーナーで小説を物色。「東野圭吾がない!」とダンナがブツブツ言ってたけど、なかなか終わらなさそうなごつい上下巻セットを無事購入。

ホテルに帰った後、近場の食堂みたいなところでご飯。牛肉+牛筋麺と他はよくわかんない麺を頼んだけど、安くておいしかった!ホテル近くの「牛乳大王」って店でパパイヤ牛乳やスイカ牛乳を飲んで(どっちもめっちゃおいしい!)、寝ました。

子どもらが寝た後、私はホテル向いの足つぼマッサージの店へ。
足浴+足つぼ30分+肩首マッサージ15分600元のコース(1620円)をお願いして1時間ゆっくりリラックス。
いっぱい歩いて疲れて足もむくんでたのに、すっごく楽になりました~。日本語ができるスタッフもいて、みんな優しくてよかったです。
スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

コメント

単にプログラムの進行にのって、
言われたようにやるキッザニアよりも、
こっちのほうが良さそうよ。
キッザニアに児童館がくっついた感じだね。

>ちずちゃん

体験って行ってもおままごとっぽいけど、子どもらは楽しいみたいで、どの子も一生懸命やってたよ~。特に女の子はね~。
しんってば、もう中学生なのにここで何時間も遊んで「帰らない!」って・・・。
「けっ、つまんない」ってさめた態度取られるよりいいけど、幼すぎないか??とちと心配。
しんかいは地元の2~3歳くらいの小さい子とずっと一緒に遊んであげてたらしく、言葉はわかんないけど、お母さんにすごい感謝されたよ。

東野圭吾

苦手だなあv-12

5冊ぐらい読んだけど、
終わり方がどれもすっきりしない。
この人、こういう書き方なんだろうねv-31

>みなとっちさん
あ~、すっきりしてないの多いですね。あとで考えさせられるのや、私はあんまり好きじゃないのもありますね。

終わりがすっきりしてるといえば、「探偵ガリレオ」とかは普通の推理小説って感じで、すっきり系ですよ!
あと、私のオススメは、エッセイの「あの頃ぼくらはアホでした」
1958年生まれの東野さんの子ども時代~大学時代までの話で、柄悪い地区の中学とか、その頃はやってたこととか、私よりみなとっちさんのほうが東野さんに年近いし、たぶん、「わかる~」と思うことも多いんじゃないかな。軽く笑いながら読めますよ!

今まで読んだ東野圭吾作品では、私は「時生」が好きです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://satochan.blog50.fc2.com/tb.php/178-a1de6ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

さとちゃん

Author:さとちゃん
沖縄でに住んで8年目、沖縄大好き☆海大好き☆なお気楽主婦。
夫と息子たち(しん・かい)の4人家族で、毎日楽しく暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。