2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナエアラインが炎上

いや~、今日はビックリしましたね!

夫から「那覇空港で飛行機が燃えてる!」ってメールが入り、それからあわててニュースかけたけど、しばらくはどんな状態かもわかんなくて、テレビに見入ってましたが、ほんと、間一髪で誰も大怪我や亡くなったかたがいなくて何よりの事故でした。

うちのしんは日曜の11時20分那覇着で帰ってきたんだけど、これが月曜の飛行機だったら、どれだけやきもきしたことやら。
結果的には滑走路でもなく、国内線のほうではなかったから、大きな影響は受けなかったけど、それでも子どもが一人で乗ってるときに状況がわからないこんな事故があったらドキドキしますよね。

それにしても、チャイナエアライン!
沖縄から海外に行くとなると、関空経由などは国内線も高いので、アジア方面といえば、チャイナで台湾をハブ空港にして~というのが、一番安上がりでアクセスもよく使いやすかったし、評判より乗り心地もよく、離着陸もスムーズだったので、よかったんだけど、今日の事故後のチャイナの事故の多さを見たら、考えてしまいますね。
てゆーか、空中分解って・・・ありえないけど・・・。

ダンナは「次に台湾行くときは船で行こう!」と言ってました。
もう家族で台湾には行かないと思ってる私だけど、友達のプーケット旅行の話を聞いて、次は久々に台湾経由でまたプーケットとか行きたいと思ってた矢先だっただけにショック~。

事故のことで思い出したのか、子どもがチャイナ機内でもらったトランプ出してきてやってました。
070820_2350~0001.jpg

早く事故の原因や詳しいことが解明されて、安全に飛行機に乗れるようになってほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

台湾旅行4日目5日目

4日目・・・だんだん朝がゆっくりになってきて、8時半ごろ起床。
この日も午前中は部屋でゆっくり読書。

乗り物好きのしんがぜひ台湾新幹線に乗りたい!ということで、お昼ごろ駅へ。新幹線のチケット売り場はなぜかすごい人。子供用乗車券は機械で買えないので、またカウンターに並びなおして買いました。
これで乗る便が1本遅れたので、駅のカウンターで牛肉麺と焼き餃子と水餃子でランチ。駅なのでこんなものかなあ・・・牛肉麺はおいしかったです。

新幹線は日本の技術がふんだんに使われているそうで、車両ものぞみ車両。全指定です。私らは、地上を走って行ける一番近い桃原まで。(大人160元・430円ほど!)
4-1.jpg

桃原までついて、近くでフラフラしようかと思ったら、新幹線の駅と街が遠く、この桃原駅は空港に行く人用って感じで、周りに何もなし。(でも無駄に立派な設備のある建物)
じゃあ帰ろうかってことで、すぐ帰りのチケットを買い、トンボ帰り。
何しに行ったんだか・・・だけど、ただ新幹線に乗りに行ったのです。
子どもらは「新幹線乗った!」と喜んでました。

その後は、3日目と同じく、またまたエビ釣りへ。
今度は3時間で13匹。隣で釣ってた人が2匹くれ、15匹食べられました。
その後は観覧車のあるでかいデパートの地下にある地元スーパーでおみやげ品の購入。沖縄とだぶるものが多くて、結構おみやげ選びが難しかったです。

ホテルへ帰って、夕食は、ホテル隣の鍋バイキングのチェーン店へ。
いつもお客がいっぱいしてたので、気になってたのです。
大人330元(890円)で時間制限なし。混んでたら2時間で出て、と書いてました。
鍋は2種類の鍋が選べ、具はバイキング。私らは激辛鍋+キムチ鍋という、辛~いセットを注文。激辛鍋はかなり辛くておいしかった!!あっさりとか、トマト、カレーなどもあります。
4-2.jpg

具は、肉や野菜だけじゃなく、海鮮ものもたくさん。うどんやラーメンもあり。フルーツやアイスもフリーで、これまたおいしい!
たれも自由に作れ、なんとパクチーの刻んだのがあり、タイ風のたれを自分で作ってつけて食べたらめっちゃおいしかったです。
大満足で、そのまま熟睡。

5日目最終日・・・朝は9時ごろ起き、朝食へ。
12時チェックアウトでホテルに迎えが来ると言われていたので、その前に早めに最後においしいお昼ご飯食べようと言ったけど、みんな「もう別に食べなくていいよ!」と言われ、昼食は断念。12時まで部屋でゴロゴロ本を読んで過ごしました。
またバスで初日と同じDFSで30分時間つぶし。今度はちゃんと降りたけど、DFSには行かず、隣のセブンイレブンで飲み物やおみやげ品を物色し、ベンチでゆっくり。
その後空港へ行き、最後に海鮮麺を食べ(空港内は高くておいしくない!)、子どもの遊ぶコーナーでちょこっと子どもを遊ばせ、18時半ごろ沖縄着の飛行機で帰って来ました。
そして家に帰って子どもらを寝かせてから、夜はご近所の人たちと飲み会・・・。

台湾で感じたこと・・・
★日本っぽいところと沖縄っぽいところのミックスされたところ。人も日本人っぽい人と沖縄っぽい人がいて、服装なども日本人と変わらないから、日本人か台湾の人かしゃべらないとぜんぜんわかんない!
★治安がいい!夜の女性一人歩きも多くて、広い道は全然平気そう。財布だけ持ってきて、それを机の上に置いてご飯食べてるような人もいた。危ないところはもちろんあるんだろうけど、治安的には日本と同じくらいはいいんじゃないかな?
★ぼったくりなども少ない。タクシーもどこのお店も明瞭会計でした。てゆーか、まけてもらってた。
★漢字が多いので、しゃべるとわからないけど、筆談するとわりと通じる。日本語できる人が多くて、呼んできてくれたりする。片言の英語と漢字筆談ができるとなんとかなる。
★なんかすごくみんな優しい!駅でちょっとうろうろしてると立ち止まって教えてくれたり、バスの乗り方教えてくれたり、通りすがりの人がとっても優しい。
電車内でも子どもに席は譲ってくれるし、市場のお店のおばちゃんもミカンくれたり、タクシーの運転手さんも110元だったら「100元でいい」とか、なんかうれしかったです~♪
★意外にもマナーがいい。おばちゃんは横入りするようなおばちゃんいたけど、若い人はマナーがいい!児童博物館に行った時も、遊んだおもちゃは必ずきれいに片付けてるし、1人の子が独り占めしてたら親がきちんと注意したり、日本よりよっぽどいいかも、と思った!
道端にゴミを捨てたりも少ない感じ。
★食べ物はだしをしっかりとったあっさり系が多くて、辛いものは少ない!年配の人や子どもでも口に合う感じ。
★しいたけ料理多い!避けて注文してました~。
★対日感情も悪くないけど、それ以上に対琉球感情いい!近いし、交流もずっとあるから、親しみもたれてる感じ。日本には昔の植民地支配の悪いイメージあるけど、琉球はちょっと違うみたい。

今回はとりあえずリフレッシュ家族旅行だったけど、次こそは女同士で食い倒れツアーしたいです!!臭豆腐食べ損ねたのと、いろんな生ジュースやお茶を飲めなかったのがものすごく残念!!

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

台湾旅行3日目

台湾旅行3日目。朝ゆっくり、夜遅いという台湾のペースが少しわかってきたころ。

朝ごはんの後はまた部屋で読書とかダラダラして、11時過ぎからホテル近くの24時間オープンのボーリング場へ。13時までなら1ゲーム40元(108円)と安い!貸し靴はきれいで20元。ちょうど台湾の大学生の団体が来てて盛り上がってたけど、この団体が帰った後はほぼ貸切で、2ゲームずつ楽しみました!日本でノーガターレーンしか経験のないかいは、途中からガーター連発でうまくできなくて最後のほうは半泣きでした・・・。
3-1.jpg

近くの安い食堂でランチ。バイキングみたいにプレートの上に自分で好きなおかずを好きなだけ選ぶけど、バイキングってわけじゃなくて、よくシステムわかんないけど、とりあえず安くておいしかった。

その後、少しは勉強も・・・と世界4大ミュージアムの故宮博物館へ。
3-2.jpg

さすがに大きい博物館で、日本語の音声ガイドの器械も有料で貸してくれます。日本人団体がやたらいるので、その説明を後ろでふむふむと聞いたりして、おもしろかったです。でも、こういうのに全く興味なしのダンナと長男はさーっと見て、「外で待ってるから!」と行ってしまい、気があせってゆっくり見られなかった~。やつらは、有名なヒスイ白菜すら見てなかったらしい。全く・・・。かいはなぜかはまって、音声ガイドを聞きながら一つずつゆっくり見てました。

その後、博物館近くのエビ釣り場へ。
プーケットでもエビ釣りしてとっても楽しかったらしいので、台湾にもあると聞いて楽しみにしてました。
少し山のほうに行くと、濃い緑の山の中に川が流れ、その中には大きな石がゴロゴロしているという日本っぽい風景!!久々にこういう風景見るね~!とダンナと話してました。
3-3.jpg

エビ釣り場はこのあたりに何軒か隣同士で連なっているんだけど、日本語が少し通じると聞いた店へ。
3-4.jpg

スタッフは日本語はわからないんだけど、日本語がしゃべれるおじいちゃんがいて、何かと教えてもらえてよかったです。他のスタッフの人も、やり方を丁寧に教えてくれたり、とっても優しい。1時間250元(675円・2時間目から割引)で、子どもら2人だけやることにして、私とダンナはその手伝い&見学。(見学だけなら無料)釣竿とえさ(干しえびと生レバーとレバーをきるカッター)を貸してくれます。自分で好きな場所に陣取って、びくも自分らで持ってきて、あとは釣るだけ。時々釣り場にはエビの追加が入ります。
3-5.jpg

2人あわせて2時間で12匹釣れました。3-6.jpg


釣った後は、自分達で調理して食べられます。(釣ったエビは無料)おじさんに教えてもらいながら、自分達で調理して塩焼きに。
3-7.jpg

3-8.jpg

できたての塩焼きのエビ、プリプリでめっちゃおいしかったです。
わさびしょうゆなども準備されてます。みそまでおいしかった~!
3-9.jpg

エビを釣ったときには、子どもらは「痛そうだから早く針を取ってあげて!」「このエビ、ハサミが取れちゃってかわいそう」と言ってたのに、調理になると、ハサミ部分はそのままぶっちぎり、生きたままぶすっと串を刺し、生きたまま焼くんだけど、おいしそうと言って、かわいそうとか何にも感じないみたいで、いや、私もそうだけど、人間って不思議ね。

エビ釣り後は、路線バスに乗り(一律15元・40円くらい、安っ!!)、一番大きいという士林夜市へ。
いっぱい出店があり、串焼き1串15元とか安くておいしい。いろんな店でいろんなものを食べたかったのに、「もういいよ」「太るよ」と言われてこの串屋以外何も食べられず!くそ~~っ。
3-10.jpg

奥のほうにある、ゲームコーナーで、子どもらはゲームに挑戦。1回30円くらいで安いです。
3-11.jpg

商品がつくものは高くて50元。(135円)日本なら安いんだけど、高い気がしてしまった。
3-12.jpg


夜市では食べ歩きもしたかったし、雑貨とかも見たかったけど、ゲーム以外どこにも寄らず、またさっさとホテルに帰ろうとする男三人。
なんだか物足りなくて、みんなが寝た後またホテル前のマッサージで、足浴+足つぼ30分で400元コースで疲れを取り、ホテル隣の食堂で1人で焼きそばと蛤のスープを飲み、満足して寝ました。(これが太るもと・・・)

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

台湾旅行2日目続き

2日目続き

昼ご飯を食べた後は、「児童探索博物館」へ。
http://www.cmot.com.tw/
市政府駅近くの、本中心のデパートみたいな中の5階にあります。
入場料は子どものほうが高くて300元(810円)、大人(11歳以上)200元(540円)。週末は時間制限があるみたいなので、平日のほうがお得!

中では、自分達でいろんなお仕事を体験できるコーナーがいろいろあり、小学校低学年くらいまでは楽しめそう。
幼稚園くらいの女の子達は、お店屋さんごっこや喫茶店とかで一生懸命遊んでました。
うちの子らもいろいろ挑戦・・・歯医者さん(小さいサイズの白衣もあり)
20070506161439.jpg

工事現場の人。ゴーグルやヘッドフォンとか小道具も準備されてます。
20070506161500.jpg

ニュースキャスター。ほんとに画面に映るので、子どもら大喜び。
20070506161517.jpg

劇場では、いくつかの衣装が用意されてて、女の子用もいろいろあり。
でもサイズ小さい。
20070506161534.jpg

20070506161554.jpg

その他、いろんな国の民族衣装を着るコーナー(日本ってところは羽織袴の七五三衣装)とか、バイクや車に乗った気分になれるコーナーもあり。
20070506161611.jpg

そして、子どもらがはまったのが、自分達でいろいろ遊んでみる知育コーナー。ワンダーミュージアムっぽいかな~。
巨大シャボン玉ができるコーナーでは大人も思わず夢中。
20070506161719.jpg

その他、ボールで遊んだりするコーナーなどいろいろあり、子どもらはまっちゃって、全然動かず。
20070506161749.jpg

20070506161814.jpg

20070506161829.jpg

20070506161850.jpg

ここで4時間以上遊んでたかな~。全く遊びが終わらないので、私とダンナは途中で2~4階が本屋になってるので、買い物へ。ほんとは保護者がついて遊ばないといけないんだけど、子どもらもこの年齢なので大丈夫でした。てゆーか長男はもう大人と同等だし。
本コーナーは大阪のジュンク堂みたいな感じで、どのフロアもいろんなジャンルの本がめちゃくちゃいっぱい。雑誌を見てみたり、日本語を勉強しようコーナーみたいなところで、日本語検定の問題集を見てみたり、参考書を見ると「え~!こんなの言わないよね」っていうのもあったりして、おもしろかったです。
イスも準備されてたりして、立ち読みじゃなくて、座り読みしてる人もたくさん。日本の本屋もこうならいいのに。

今回は、私とダンナ用に小説を4冊持って行ってたけど、思いのほか早く読み終わりそうだったので、ここの中にある日本の本コーナーで小説を物色。「東野圭吾がない!」とダンナがブツブツ言ってたけど、なかなか終わらなさそうなごつい上下巻セットを無事購入。

ホテルに帰った後、近場の食堂みたいなところでご飯。牛肉+牛筋麺と他はよくわかんない麺を頼んだけど、安くておいしかった!ホテル近くの「牛乳大王」って店でパパイヤ牛乳やスイカ牛乳を飲んで(どっちもめっちゃおいしい!)、寝ました。

子どもらが寝た後、私はホテル向いの足つぼマッサージの店へ。
足浴+足つぼ30分+肩首マッサージ15分600元のコース(1620円)をお願いして1時間ゆっくりリラックス。
いっぱい歩いて疲れて足もむくんでたのに、すっごく楽になりました~。日本語ができるスタッフもいて、みんな優しくてよかったです。

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

台湾旅行2日目

2日目☆5月1日

前の日早くから寝たし、みんな5時半には起きてしまい(普段6時半には起きてるからねー、軽い時差ぼけ)、朝食の始まる6時半まで子どもらは宿題、私らは読書。ご飯を食べた後も部屋で本読んで2度寝して・・・「いつになったら出かけるの~!!」と怒る子どもらに起こされ、しぶしぶ10時半ごろおでかけ。

今日は子どもらの一番行きたがってた台北101へ。
駅まで歩いて地下鉄で移動。これまた漢字と英語両方で書いてあるのでわかりやすい。
普段地下鉄に乗ることがない子どもらは、「すごい!長~い電車だね!!」とビックリ。窓から外を見て「外が見えない!」と騒ぎ、つかまる棒でくるくるまわってみたり。電車内は混んでたけど静かだったので、注意しまくりでした。乗客の皆さんはにこにこしながら温かく見てくれてたけど、これではとても東京などには連れて行けません・・・(-_-;)

駅から台北101までは11時~無料シャトルバスがあり、結構並んで待ちました。
2-1.jpg

台北101はギネスにも載った世界一高いビルで、展望台は有料。5階まで上ってから展望台に行きます。展望台は、時間ごとと1日トータルで人数制限があり、休みとか混むときは大変そう。
世界一速いエレベーターで89階の展望台まで39秒であがります。絶対耳痛くなるだろうな~とか、酔いそうな感じするかなと思ったけど、全然大丈夫でした。エレベーターの天井に星空の電光の飾りがあり、きれいだった!

展望台にあがると、無料の日本語ガイドの器械を貸してくれます。(免許証やパスポートなど身分証明書が必要)
高所恐怖症の私は、子どもらは来たがってたけど気が進まなくて、おっかなびっくり展望室から下を見てみたら・・・あれ?なんかもう高すぎて飛行機の離発着時に下を眺めてるみたいで全然怖くない!
というわけで、足元がすくむこともなく、いろんな風景を見てまわりました。
2-2.jpg

展望台は室内だけど、外に出られるところがあり(さらに大人100元(270円))、さらに階段を2階分あがり、外に出てみると・・・絶対高いから風が強いと思ってたのに、それほどでもなく拍子抜け。かなり高い塀と柵があり、かいは柵につかまらないと外が見えない高さ。身長125センチ以下は無料だったけど、見えないからか~と納得。一周ぐるっと周るだけで、景色も展望台と一緒なので、これというものはないんだけど、行ったという満足感かな。
2-3.jpg

台北101はショッピングセンターやフードコートもあるみたいです。

次はお楽しみ「小籠包」♪
友達に借りたる●ぶに載ってた台北101から近そうな「明月湯包」へ。タクシーの運転手がここを歩いた奥、というのとは微妙に違うところだったけど、無事お店にもたどり着けてよかったです。お店は地元の人たちで満席でちょこっとだけ待ちました。日本語メニューも持ってきてくれます。出してくれるお茶は、さんぴん茶でした。
2-6.jpg

小籠包(湯包)、とってもおいしかった~!!しょうがの千切りはたくさん出してくれ、自由にのせて食べられます。
2-7.jpg

さらに、カニミソと卵が入ってるというなんとか湯包ってやつがめちゃくちゃおいしかった!!(私と長男は絶品!と思ったけど、ダンナは×)ダンナは、鍋貼というパリパリの焼き餃子が絶品と言ってました。
2-5.jpg


おなかいっぱいになったので、すぐ近くの臨江街夜市をふらっと散歩がてら通り抜け。昼なので、お店はほとんど閉まってて、フリマみたいにビニールシート広げて服や雑貨を売ってたり、野菜などを売ってました。雰囲気的に農連市場やむつみ橋通りとかの奥側みたいな感じで、野菜や果物も沖縄のものとよく似てて、普通の野菜+ナーベーラーやパクチョイやゴーヤー、ドラゴンフルーツやパイナップル、タンカンみたいなのとか売られてました。

その後は、「児童探索博物館」へ。
続く・・・

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

台湾旅行1日目

4月30日からの4泊5日の台湾旅行★1日目。

旅行前夜も近所に誘われるまま遅くまで飲み会してたもんで、当日朝になっても荷造りもまだ。そしてダンナは二日酔い・・・。9時ごろには家を出る予定だったので、あわてて準備しました。荷物は、家族みんなで機内持ち込みギリギリサイズのキャリーバッグ一つと私は手提げ、子どもらがそれぞれリュックだけ。現地でも「荷物これだけ?」と聞かれた少なさでした。

チャイナエアラインは3-3の小さい飛行機。沖縄から1時間のフライトで機内食も出るので、スタッフはとっても忙しそう。機内食のお肉が入ったパンみたいなの、おいしかった~!

台湾についてツアーの現地スタッフと合流するはずが、すごい人でどこにいるのかわかんない~!うろうろしてたらHISの現地スタッフのおっちゃんが声かけてくれて、無事スタッフと会えました。
混載車なので、ほかの人を結構待って(その間子どもらはずっとメンコ)、その後バスへ。このバスがエアコンガンガンで寒かった!
台北市内に入ってから、とりあえずDFSへ。これが悪名高いDFS行きね!と思ってたけど、30分だけってことだったし、子どもが寝てしまったので、降りずにそのままバスに残って読書タイムしてました。
DFSからはそれぞれの行き先にバスに分かれて(私らはそのままのバス)、順にホテルへ。空港から台北って遠いし、ここまで2時間くらいかかりました。でもバスの車窓から街並みを見たり、いろんな看板など見て「え~!漢字でああ書くのか!」「日本語間違ってる!」とか見てておもしろかったです。

ホテルは、パラダイスホテル。(楽園大飯店)
ネットでの評判は、スタッフが優しいといういい評判の反面、中は改装されてるけど見た目ボロ、日本のビジホより落ちる、部屋狭いなどという意見もあり、そもそも格安ツアーだし、期待してなかったんだけど、中に入ると明るいロビーで、子どもらが「うわ~!豪華なホテルだね~!!お母さん、ここって高級ホテルでしょ?高い??」と聞くので、ちょっと赤面。
う・・・確かに最近は今帰仁のナルさんちか民宿かドミトリーしか泊まってないもんね・・・。

チェックインのとき、フロントの人(日本語上手)に、「家族同じ部屋がいいね?」と聞かれ、旅行会社からは安いツアーなので1部屋は無理でツイン2部屋って言われてたけど、「いい部屋あいてるね。2つより1つのほうがいいあるね」と言われたので・・・「同じ値段?追加料金なし?」と聞くと、「心配ないね。同じ値段。今から2つの部屋見せるからいいほう選んで!」と2つの違うタイプの部屋を見せてくれ、ダブルベッド2つにさらにエキストラベッドも入った高層階の部屋に家族4人で一緒に泊まれることになってラッキー!
20070506000712.jpg

部屋の広さも私らにはじゅうぶんでした。台湾は水道水は硬水で飲めないけど、部屋の目の前にちょうど水とお湯の出るところがあって、ピッチャーに水を入れて部屋の冷蔵庫で冷やして飲んでました。
廊下で話している人などがいるとよく声が聞こえてたけど、夜などは気になるほどではなし。
ホテルからの眺めや周辺は、ダンナは大阪の下町っぽい、と言ってたけど、そんな感じでした。

アメニティもそろってたけど、リンスなし。(事前にネットで情報仕入れてたので持って行ってた)バスバブルもあったので、毎日アワアワお風呂も楽しみました!タオル・バスタオルも人数分あり。
アメニティの「シャワーキャップ」が「シャクーキヤツプ」、「シャンプー」は「シヤソプー」と書かれてたりして、おもしろかったです。
ここだけじゃなくて、カタカナの「ン」と「ソ」、「シ」と「ツ」、「ワ」と「ク」とかよく書き間違われてたけど、確かに難しいよね!

その前の寝不足がたたったのか、長時間のバスで酔ったのか、しんが気分が悪いというので、まだ15時ごろだったけど、1日目はそのまま部屋でダラダラすることに。
夕方だけ近くの飲食店街にご飯を食べに行きました。地元の人しか来ないような店で、メニュー見て、指差して頼んだけど、どれも安くておいしかったです!
かいが頼んだ「牛肉麺」90元(約250円)。ボリューム満点でおいしかった!高菜のお漬物が食べ放題で、それもめっちゃ食べました・・・。
20070506001002.jpg

私とダンナはそれぞれよくわかんない麺各50元(約135円)。これも手打ちみたいな麺で、ゴマ風味でおいしかったです。

あとは部屋でゴロゴロ本を読んだり、テレビを見たりして過ごしました。(私は夜食とビールを買いに行ったけど)
部屋のテレビは100局くらい入ってて、日本のアニメの中国版がいっぱい。ちびまるこちゃん(小丸子)とか、ドラえもん(多拉A夢)とか、他にも「遊戯王」「ポケモン」「テニスの王子様」とかいっぱいやってて、さらにカートゥーンも入って、おもしろかったです。
テレビは、リモコンも本体も、音を大きくしようとするとチャンネルが変わったり、ちょっと変だった!

ホテルのすぐ近くにはコンビニがいっぱいあり、(台北全体に沖縄にはないセブンイレブンがいっぱい)徒歩1~2分くらいのところにまた違うセブンイレブンがあって、作りすぎだろ!ってところもありました。
飲食店も周りに多いし、向いとすぐ近くにマッサージの店もあり、駅(西門駅)までも徒歩で5~6分くらいと、立地のいいホテルでした!

朝ごはんは期待してなかったけど、そこそこのバイキングで、満足!(これまた子どもが「豪華な朝ごはん!」と・・・)
だいたい誰か日本語がしゃべれるスタッフが常駐していて、日本人客と台湾人客と半々くらいかちょっと日本人が多いくらいかなあ。

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

帰ってきました

今日夜台湾から帰ってきました!

行く前はなんとなく肌寒かった沖縄だけど、帰ってきたら、暑くなっててラッキー!でも明日はまた雨みたいだけど・・・。

台湾ではお天気にも恵まれ、昼は暑かった~。
食べ物は沖縄に似てるものがいっぱいあるのに、景色は日本っぽい、みたいな、日本と沖縄のミックスみたいな感じで、おもしろかったです。
言葉も、話するとぜんぜんわかんないんだけど、漢字の筆談ならなんとか通じるし、日本語できる人多いし、言葉の苦労が少ないのはとっても楽!
5日間漢字ばっかりの表記みてたから、沖縄に帰ってカタカナやひらがなの看板がなんか不思議な感じです。

そういえば、沖縄のことは「琉球」のほうが通りがいいみたい。飛行機の便も「琉球」って書いてあるんだけど、英語ではOkinawaと書いてあって、???みたいな感じでした。

でも、飛行機で1時間で行けるし、物価も安いし、次に行くときには・・・もう少し大きくなって、子どもとダンナには留守番してもらって、うちの母と2人旅とか、女同士で行きたいよ!!!
詳しくはまた旅日記アップします。

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

台湾へ

今年のGWって、1、2日を休めば9連休!
これはどこかに行くしかないでしょう~と、春休みに入ってあわてて考えだしました。ほんとは実家に帰省したいところだけど、GWの本土って、暑さ寒さが日々も一日のうちでも極端で体調を崩しやすく、帰省した年は連続で体調を崩し、2年前には飛行機に乗る1時間前に入院してしまうというアクシデントがあり、ダンナもトラウマになったみたいで、「沖縄と同じくらいか暑いところにしか行かない!」というんだけど、それって行き先限られちゃう?てゆーか、国内無理?

八重山や宮古はGWって入梅ごろで、毎年その前後に八重山行くけど、年にもよるけど、天気微妙なんですよね。来月から仕事で毎月離島に行くかもしれないのに、GWに無理して行かなくてもね~ってことで、とりあえず行き先は海外に決定~♪

沖縄に引っ越してくる前は、家族で旅行が大好きで、年に数回海外旅行とかも行ってたんだけど、最近沖縄県内で遊ぶことも多いし、とんとご無沙汰で、3年ぶりの海外です。お兄ちゃん1人パスポート切れてて、3冊目突入!
070406_2339~0001.jpg

子どもらは、3年前に行ったプーケットがすごく気に入っちゃって、「プーケット!!」と言ってたけど、う・・・この時期高い!
安く行くのにいろいろ調べるにはあと1ヶ月で時間もないし、今回はあきらめました。でもまたプーケット行きたいよ~!
Save0001.jpg

Save0002.jpg

Save0003.jpg

Save0004.jpg

結局、値段が一番安かった台湾に5日間行くことにしました!
ずっと個人手配で行ってたから、ツアーを申し込んだのはもう何年ぶり?8年ぶりくらいかも。
台湾って、沖縄からなら飛行機で約1時間。めちゃ近いです。
前に帰りは気流の関係で50分ちょっとでついて、その間に機内食の軽食も出るし、乗務員の人はめちゃくちゃ大変そうでした~。

でも、台湾のこと、な~んも調べてないので、すべてはこれから。
みなさ~~ん、台湾のあそこがいいよ!とか、あそこはやめとけ!とかあったら教えて!とりあえず長男は台湾新幹線に乗りたいらしいけど。
実は過去台湾には2回行ってるんだけど、どっちもトランジットのみで、夜空港→ホテル+朝ホテル→空港、しか経験なし。
ホテルは格安ツアーなので、パラダイスホテルだそうです。まあ、寝られればじゅうぶんなので。

しかし、あれだけ旅行に行っても、すべてビーチリゾートのみで、都市の旅行や街歩きってしたことないのね、私ら。
ビーチリゾートでも、8日間や11日間行ってもホテルからほとんど出たことすらない、サイパンも5回も行ったのにガラパンにすら行ったことなし、沖縄も旅行では島と本部以外行ったことなかった、という私らなんで、またダラダラ過ごさないように気をつけよう。
おいしいものがいっぱいっぽいから、食い倒れか??

テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

«  | HOME |  »

プロフィール

さとちゃん

Author:さとちゃん
沖縄でに住んで8年目、沖縄大好き☆海大好き☆なお気楽主婦。
夫と息子たち(しん・かい)の4人家族で、毎日楽しく暮らしています。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。